時のメロディー・花と犬とアートな日々

自然が好き。小さな幸せ探し・・・

フランス文学に興味

フランス文学に興味

昨日、朝は晴れていたのに、昼1時半頃だったろうか。突如、激しい雷雨と共に、ヒョウが降ってきた。えっ?と目を疑ったものの、少々のことではもう驚かない時代になっている。日中も花や植物、愛犬の世話、家の片づけやらをこなしていた。通信での大学生活に憧れていたものの、現実の固く厚い壁にはばまれて、もどかしさと焦りを感じていた。心理学のテキストに目を通してみたももの、無理やり口を開け固い物をよく噛みもせずに放...

... 続きを読む

ZOOMを体験

ZOOMを体験

通信の大学の例会に参加し、ウワサのZOOMを初体験しました。すごいですね。同時に十数人が顔を見ながら会話ができるんですね。これからはこういったことが当たり前の時代になるのでしょうか?自分の顔のアップは好きではないので小さく映るように、パソコンから少しだけ離れて椅子に座っていました。勉強の仕方を質問をしたら声が小さくて聞こえにくいと言われたのは、そのせいもあるかもしれません(笑)スクーリング、卒論、その...

... 続きを読む

マックス・アーマンの詩

マックス・アーマンの詩

今日、部屋の片づけをしていたら、マックス・アーマン(Max Ehrmann)の詩が出てきました。"Desiderata"まわりが騒がしく、せわしなくても、おだやかに行動し、静けさがどのように心安まるものかに思いをはせよ。しかし、へつらうことなく、すべての人と、よい関係を築け。自分にいつわらず、静かに真実を語り、人の話も、耳を傾けて聞こう。無学、無知の者の話も。彼らにも言いたいことがあるのだから。どんなにつまらなく見え...

... 続きを読む

哲学の入り口をくぐってみたものの

哲学の入り口をくぐってみたものの

小鳥がさえずる暖かな小春日和。庭で作業をしていると、市長みずからの緊急事態宣言の放送が流れた。こんなことはここに住んで初めてのことだ。自宅自粛要請で家にこもっているとわからないが、外の世界はコロナでどんなに緊迫していることだろう。医療現場と今まで通りに働かれている人には感謝の気持ち、そして早く収束してほしいと願うばかりである。数日前に大学から学生証と山ほどの本が届いた。まず塾生ガイドを最初から最後...

... 続きを読む

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

新型コロナウイルスについては、私はその時に偶然目にしたニュースの分断した知識でしか現状認識がありませんでした。それもいくぶん甘くみていました。IPS細胞でノーベル賞を受賞された山中伸弥さんの新型コロナウイルスに対するサイトを目にしました。世界に認められた研究者の目を通しての、たしかな情報収集力、分析力、考察、そして呼びかけがありました。これ以上にわかりやすく、公正で正確な情報源はあまり無いかと思いま...

... 続きを読む