時のメロディー・花と犬とアートな日々

自然が好き。小さな幸せ探し・・・

TOP > 読書・本

家時間を楽しむ65のヒント

家時間を楽しむ65のヒント

内容 ・少しの工夫で心地よく暮らす ・おもてなしは普段の延長で ・こうして少しづつ、家を作る ・すぐれた道具は料理を楽しくする ・時間をかけずに毎日のごはん ・ゆとりが生まれる時間の使い方 「大人シュシュ」も借りる。 布やリボン、ビーズ、毛糸でさまざまなタイプのお洒落なシュシュの作り方が掲載。作ってみたいな。 見ているだけでも、どちらの本も空いた時間に楽しく読めそう。 (...

... 続きを読む

ターシャの家

ターシャの家

この本も何度も読み返したい本です。 いつもいる部屋、キッチン、パントリー、リビングルーム、ドレス、アトリエ、ポーチ、ガーデン、納屋、食器や調理道具、大切にしている物などが紹介されています。 まずすごいなあと思ったのが、アンティーク風の電話のある周囲の壁。 壁がアドレス帳になっていて、一面、たくさんの人の誕生日や結婚記念日、電話番号、住所、イラストが消せない「黒いサインペン」で「壁」に書かれて...

... 続きを読む

赤毛のアン・夢紀行

赤毛のアン・夢紀行

赤毛のアンは子供の頃に読み、好きで大人になってからも読みました。 この本も夢いっぱいの写真集かと思って借りて読んだのですが、それ以上に余韻の残る本でした。 物語の一場面の文章とそれをイメージする写真で構成されていて、その間に赤毛のアンに思いを寄せる人や関係者たちのエッセイ等が綴られています。 赤毛のアンが日本に紹介されることになったのは・・・ 翻訳された村岡花子さんという方とカナダの...

... 続きを読む

暖炉の火のそばで

暖炉の火のそばで

ターシャ・テューダー手作りの世界「暖炉の火のそばで」を借りて読む。 外国の本を翻訳したもので、豊富な写真と文章でこの本でターシャさんの世界がより深くわかった。 できたら手元に一冊、置いておきたい本。 本の中のターシャさんの手作りの数々には感嘆・賞賛・憧れ・ため息の連続である。 この本にはあまり触れていないが、彼女は畑を作り、花を作り、犬・ヤギ・鶏たちの世話もする。 ヤギの乳からはバ...

... 続きを読む

プリンス・エドワード島

プリンス・エドワード島

吉村和敏さんの写真集「プリンス・エドワード島 七つの物語」。 とっても綺麗。 ヒントン夫妻の庭って、あちらは庭がこんなに大きいの? 一面にルピナスが咲いて・・・大きな野原って感じ。 日本なら家が数十軒は立つよね。リリィたちを走らせたいなあ。 ずーっと昔。吉村さんのホームページを見てメールしてお返事をもらったことがある。 あれからもたくさん写真集をだされたり賞をとられたり活躍されているん...

... 続きを読む