時のメロディー・花と犬とアートな日々

自然が好き。小さな幸せ探し・・・

TOP > 2009年11月

豊饒の海・奔馬

豊饒の海・奔馬

「豊饒の海」の2巻目の「奔馬」を読み終えた。 1巻で愛を貫いて死んだ青年清顕(きよあき)が転生し、この2巻では皇室を崇拝する学生・勲(いさお)として登場する。 転生したのは勲だけで、その事実を知っているのは清顕の当時の友人本多で、時が経ち、裁判官になっている(のちに弁護士に)。 純粋で危険な思想をもった学生・勲の危険な思想と死生観・美学、行動。 彼がある物語を読んで触発され決起に至ったその...

... 続きを読む

「あなたのお父さん」

「あなたのお父さん」

心配しながらも 大切な時に ちょうどあなたがいて お父さんの役に立てたことが あなたは何より嬉しいようだった。 少しでも長く そばにいてくれるだけで 子供は嬉しいもの。 若い頃は あなたと似て  怒った事もなかったという 優しいお父さん。 若い頃のお父さんに会ったなら 優しいまなざしで 私にどんなことを いっぱい 話し...

... 続きを読む