時のメロディー・花と犬とアートな日々

自然が好き。小さな幸せ探し・・・

TOP >   >  詩 「捨てる」

詩 「捨てる」

「捨てる」

捨てられずに 出したりしまったり

ずっと迷っている

きっと いつか 使えるはずだから

でも そのいつかも きっとない

きっと 何かに 利用できるはずだから

でも その何かさえも 思いつかない

いつ どんな時 どんな風に使うかを

ぱっと イメージできる人

しまった場所を 後から

さっと 思いだせる人

そんな風な 人じゃなければ

思い切って 捨てた方がいい

あれこれ 抱え込むのを やめない限り 

本当に 大切なものを 見失ってしまう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつか何かに使えると思って置いていたものをやっぱり捨てることにして、それを詩にしてみました。

過去に必要だったけど、もう今後、全く必要無いもの。

別な何かに使えるかもしれないけど、その何かが今は全くイメージできないもの。

エコやリフォームがうたわれているけど、TVや雑誌に登場するような達人のようにはできない。

私にはそういう才能や能力が無い。未練を断ち切ってあっさり捨てることに。

ああ、さっぱり。

関連記事

Last Modified : 2019-08-08