時のメロディー・花と犬とアートな日々

自然が好き。小さな幸せ探し・・・

TOP >  未分類 >  親子犬の政権交代?なんか寂しい

親子犬の政権交代?なんか寂しい

犬の社会は群れ社会。誰が一番偉いか、順位付けをします。

たいていメスよりオスの方が強く、成長するにつれて子供の方が強くなって順位も逆転するものです。

なのに我が家では9歳の母犬が7歳の息子犬になかなか順位を譲りませんでした。

喧嘩するたびに最初は息子犬のルーが優勢になるものの、ルーが気が優しい=気が弱いから、どうしても最後のふんばりができないようでした。
結局、母犬リリィが息子ルーの体に両足を乗せて勝利のポーズではい、決まり。

そして母犬はいつまでたっても家の中で気が強くてわがもの顔でした。
お気に入りの場所に息子がいると、そこどきなさい!と吠えてばかり。
そのお気に入りがありすぎて。正直、その声の方がうるさくて困っていました。

それが昨夜です。とうとうその日が来たのです!政権交代の日が!
本当なら7年位前に来ていてもおかしくないんですけどね。

突然、ものすごい大喧嘩が始まりました。
ガルルル~。ガルルル~。
キャイーン。キャイーン。
ご近所中に響く犬の親子喧嘩の声(笑)

そして母犬がお腹を見せ、息子犬が両足を乗せて勝利のポーズ。
母犬が喧嘩でお腹を見せたのは私も初めて見ました。
こんなにはっきりと勝負がついたのは初めてです。

それからです。
こんなにも態度が変わってしまうんですね。

可哀そうなほどにリリィがしおらしいのです。弱々しいのです。

今朝もルーに目を合わせません。
近くにいる時は背中を見せて座っていたりします。

ヒーターの前で2匹がそばにいたのですが、よく見ると尻尾を丸めて体を小刻みに震わせていました。
そして今日一日、一度もルーに吠えかかりません。なんと静かな一日!
またルーから離れています。

それに私にもじゃれついてきません。私に甘えてもきません。膝にも一度も乗ってきません。
あまりにもおとなしくて、どこか弱々しいしいので具合が悪いのではと心配になってきます。
今年で10歳になるからです。

それで気晴らしになって元気になるかもしれないとリリィだけ散歩に連れていきました。
そうしたら、家を出た途端です。急に足取りが元気になりました。
一時間位歩いても平気です。

ただ、家に帰るとやはり元気がないです。

抱っこしていて下に下ろした時とか、自分でも態勢を変えた時とかほんの時にですが痛い時の声を出す事があります。
やっぱり歳なのかなあと、寂しく思います。

そして、あまりにもおとなしいのは順位が下になったからだけだといいのですが。
昔のように気が強くて我儘でいてほしいです。

........
(その後)
夜、何度も痛がるので病院に連れていきました。
腰を痛めているようで痛みどめをもらってきました。
薬をあげるとまた元気復活。
喜んで遊ぼうとしてまた痛そうにしていたのでゲージで休ませています。
やはり年をとってきているんだなあと寂しく思いました。
一日一日大切に・・・と思います。

政権交代・・・こちらの方はどうなのでしょうか。
元気になったら、まだまだ譲らないかも?(笑)
・・・
(その後)
政権交代はありませんでした。まだまだ母強しです。
どうやら、長距離のお出かけで、車に大型犬用のゲージに二匹を入れていたため、バランスが崩れて体を打ったようです。
元気になってよかったです(^^)



関連記事

Last Modified : 2019-08-08