時のメロディー・花と犬とアートな日々

自然が好き。小さな幸せ探し・・・

TOP >  エトセトラ >  岩合光昭さんの写真展・トークショーに行ってきました

岩合光昭さんの写真展・トークショーに行ってきました

IMG_2571m.jpg

昨日12月9日、動物写真家・岩合光昭さんの写真展のトークショーにオリンパスギャラリーに行ってきました。
アフリカ屈指の野生の楽園-ボツワナで撮影されたパネル写真が展示されていました。
野生の動物たちの一瞬一瞬の躍動感・生き抜く力強さ、美しさに圧倒されました。

IMG_2591m.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・
9時半から開始の岩合さんの登場を会場の誰もが待っています。
9割以上が女性。「岩合光昭の世界ネコ歩き』を見ているファンが多いのかもしれません。

岩合さんが颯爽と登場すると、皆が一斉に注目します。
岩合さん、軽い挨拶のあと、私たちにむかって一言、言いました。
「いい子だね」

会場はにわかに和やかな雰囲気になりました。
「いい子だね」は「岩合光昭の世界ネコ歩き』のファンならご存じ。
毎回、ネコたちに優しく語りかける言葉です。
いい子だねと言われた私たち。きっと誰もが嬉しく思ったにちがいありません(笑)

撮影されたパネルを見ながら岩合さんが、一枚ごとにエピソードを説明してくれました。

ポスターにもなっている、ライオンが二頭、顔を寄せ合っている、平和で微笑ましい写真。
岩合さんが最も見てもらいたい個所は、互いに手のひらを重ねているところだそうです。
いい写真を撮りたい時、単に可愛いからと漠然と撮影すると、画面にしまりがなくなるそうです。
自分が一番見せたい場所に焦点をあてることが大切だと言われていました。


IMG_2573m.jpg

もう一枚、ポスターにもなっている象が耳を広げ、こちらをじっと見ている大きな写真。
岩合さんのお話によると、川にボートを浮かべ、流されないように片手で岸をつかんでかなり近い距離で撮影されたそうです。
そんな近くで撮影して大丈夫なの?と思いますが、耳は広げて聴いているようだけど、目は怒っていなかったとか。
怒っているかどうか、岩合さんには、わかるんだそうですね。撮影時、相手の気持ちや状況を観察することも大切なのですね。

後に、この象の写真を写真の前でゆっくりと見てみたのですが、すごい迫力でした!
自分のすぐ目の前に大きな象がどしっりと立っていて、象に見つめられているような錯覚になりました。
さらに写真に近づいてよく見るると、目のまつげはもちろん、肌のきめ細かい細胞や毛の一本一本、細部まで再現されています。
実際の象をまじかで見ているようでした。そしてここまで大きな画面に引き伸ばしても、これだけ綺麗に描写されていることにも驚きました。

さらにこんなエピソードも。
カバの写真撮影の時のこと。岩合さんが、カバに背を向けて記念撮影をしようとしていたそうです。
背後でパカっと口を開ける音や顎をがくがく?合わせる音がしたので、ぱっと振り向くと・・・。
なんとカバが岩合さんにむかって大きな口をあけていたそうです。
普通の人なら、キャーッと叫んで動いてしまうと思います。
ところが、岩合さん、「危害を加えるつもりはないからね」とじっとしていたそうなんです。
それが伝わったようで、カバはそのままむこう行ってくれたそうです。

カバはかなり獰猛な動物で、普通の人なら、まず噛みつかれていたところです。
岩合さんは、今までの撮影でも、何度か危うい場面にあったそうですが、一度も噛まれて怪我をしたことはないそうです。
人間が相手を怖いと思うから、相手の動物も人間を怖いと思って攻撃するそうです。
野生の動物も、相手が自分に危害を与えるかどうか、ちゃんと理解できるんですね。
とはいえ、誰にでもできることではなく、岩合さんだからこそ、できることなのかもしれないです。

それとなんの動物の写真だったでしょうか。印象に残っている場面があります。
動物があげた水しぶきをたくさんあげている写真です。
ばしゃっと上がった一瞬の、数え切れない「水しぶき」の小さな粒を捉えた写真。
それがまるで宇宙の銀河の星のように見えたんです。
そのカメラの再現性というか、描写力に驚きました。なんだか、同じことばかり言っているような気もします。

たくさんの楽しいお話が終わった後、いよいよサイン会にうつりました。
私はカレンダーの自分の誕生日のところにサインをしてもらいました。
サインが終わると握手と、記念写真も一緒にとってもらいました。

IMG_2596m.jpg

IMG_2593m.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真展はオリンパスギャラリー東京では12月11日までで開催しています。
オリンパスギャラリー大阪は2020年1月6日から16日までの開催だそうです。

同じ地球上の私たちの生活とはかけ離れた遠くどこかで、こんな野生動物の世界があり、
小さな動物から捕食動物まで、今、この時、その日その日を、懸命に生きている姿、たくましさ、
その美しさを感じることができ、きっと感動をされることと思います。
そんな一瞬一瞬を、一枚の写真を撮影するのに、何時間でも待ち続けて撮影された写真を見せていただき、
岩合さんにもお会いすることができて、昨日は幸せな一日でした。

オリンパスギャラリー東京前の当日の風景
IMG_2569m.jpg IMG_2570m.jpg


注)このブログでの写真は、iphoneで撮影した素人の圧縮し画質は粗い写真で実際とは違います。
会場の写真、一枚一枚を撮影しないで、会場の雰囲気がわかる写真撮影をとのこと、
できたらSNSで拡散をとのこと、ブログはSNSではないかとは思いますがご紹介させていただきました。 
                           白鳥鈴奈のアトリエ




関連記事

Last Modified : 2019-12-09

Comment







管理者にだけ表示を許可