時のメロディー・花と犬とアートな日々

自然が好き。小さな幸せ探し・・・

TOP >  エトセトラ >  しゃべる猫の動画と海外の経済対策

しゃべる猫の動画と海外の経済対策

動物が言葉を話すこごたできたらきっと楽しいですね。
それがありました!youtubeの「youtubeの「猫姉妹ちゃんねる」です。
是非一度、ご覧ください。



「大阪弁をしゃべる猫がコロナウィルスに説教!」

コロナウイルスに対して、大阪弁でしゃべっている猫の動画です。代弁してくれています。
グループラインで紹介されていて見て知りました。可愛くてほんと癒されます。
関西の人の笑のセンスってすごいですね!
こんな暗い時期だから見ている人が明るい気持ちになるようにと作ってくれたのではないでしょうか。





他にもたくさんの猫がしゃべる動画があります。
私の場合ではありますが、最初気分が少し重かったのが、しまいには気持ちが明るくなっていました。
youtubeで「猫姉妹ちゃんねる」で探してみてください。


【海外の経済対策ニュース】
ヨーロッパが導入する新型コロナウイルスとの戦い方は「労働者に給料を払って、家にとどまってもらう」
https://www.businessinsider.jp/post-210080
「デンマークが、解雇されない限り、労働者の給料の最大90%をカバーする」
「オランダ:大量失業を防ぐため、労働者の賃金の最大90%を払う」
「イギリス政府は、労働者の給料の最大80%、ひと月あたり最大2500ポンド(約33万円)をカバーする新たな計画を発表したとBBCが報じている。」

コロナで在宅期間中、休暇扱いにして、会社に従業員の一定量の給料を国が保証するというものです。

日本もできることなら、コロナによる経済の立て直しを、
中途半端な消費対策ではなく、デンマークやオランダ、イギリスのようにして、
解雇される人や倒産する会社が出ないようにし、
さらにフリーの人の収入ダウンもカバーし、
他の人が在宅している時に働いている人には、手当を・・・と思いました。
それができないから、ロックダウンの決断がなかなかできないのかもしれませんが。

これ以上、人が亡くなる以外に悲しい人を増やしたくないですよね。

p.s.
【日本応援募金】
地震等災害があると個人や企業からのかなりの募金が集まります。
同様に、政府だけによる資金拠出ではなく、企業や個人から、募金してもらるとかなりの額が集まりそうです。
それでせめてロックダウン中、医療従事者や働かざるを得ない立場の人に”ありがとう”の気持ち。
募金数=応援している国民の数=感謝の気持ち→ウイルスへの闘いへの皆の団結力につながらないかなあと。

また日本は人件費が高いので、他国のように80%~90%保障は無理として50%位でも・・・
他国が夏に1月も2月も長期バケーションをとる中、休みも少なく、まじめに働いて日本経済をここまで潤してきた人への有給休暇として。

解雇や倒産が増えると、長い目で見ると、経済の立て直しが一からで大変だし(サイトに書いてあった受け売りです)、
生活保護者が増えても国の負担も大変なのでは?
感染者がさらに増えていくと医療費も増大するのでは?
早く解決しないと、コロナ以外の病気の人も増大し医療費がさらに膨大になるのでは?

商品券やお金を配ると目先的には全体的な金額は少なくて済むのかもしれないけれど。
やるなら、とことん、今までやったことのないことを!
イギリス・デンマーク、オランダのように、今、目の前にいる国民の幸せを!

以上、経済や世の中の仕組みはよくわからないのですが、自分なりに考えてみました。
イタリアなどの他国のように、人と人との間を1m以上、あけて立たなくてはならないとか、
潜在的に人を汚い存在と思ったり、話をするのも嫌になったりしないか心配です。
郵便物や宅配も、家の外で開けて消毒するとか、家族でさえもお通夜や葬儀ができないとか異常です。
そんな風にはなりたくないですし、早く解決・収束することを願っています。
関連記事

Last Modified : 2020-04-01

Comment







管理者にだけ表示を許可