時のメロディー・花と犬とアートな日々

自然が好き。小さな幸せ探し・・・

TOP >  未分類 >  ALP3500あるけれど

ALP3500あるけれど

気温は低いが蒸し暑い1日。

朝、ドアを開けるとリリィはシッポをふって明るくご機嫌に、ルーは無愛想にのっそりと近寄ってくる。
朝ごはんに、台所でカツオのたたきとゴマをすっている。下で待ちきれないように2匹が待っている。次に細かく刻んだキャベツをあげると意外とよく食べる。1センチ角位に切ったリンゴも、シャリシャリと音をたててよく食べる。もっと欲しそうにするので追加であげる。前にすったリンゴをあげようとした時は見向きもしなかったのだが、その時の気分や体調によるみたい。ブロッコリーは今回は口にしない。納豆もやはり食べない。ヤギのミルクも飲まない。ご飯粒もだめ。最後にとりのささみ、オメガ3 油は食べた。
手間はかかるが、一種類ずつ、様子をみながら、食べるかどうか皿に少しづついれる。全部一緒にだすと、匂いをかいで食べなくなってしまう感じがするので。リリィは嗅覚がすごいみたいだから。
逆にルーは出されたものはなんでも必ず食べるし、リリィの食べない分まで食べる(^^;;
午後、スーパーに鶏のレバー、シジミを買いに行く。
鶏のレバーを洗い、ゆでてすりつぶしていると、早く欲しくて足下で2匹が興奮して吠えて催促する。初レバーなのに自分が好きなのが匂いでわかるみたい。不思議。
シジミは砂出しして夕食にあげる予定。
血液検査  
7月15日. ALT/GPT 1000以上  (正常値17~78)ALP 3500以上(47~254)
7月22日 ALT/GPT 1000以上 (正常値17~78)ALP 3434以上(47~254)
他は正常範囲を少し超えている程度。超音波検査では少し結石があるとかだったが問題なし。胆嚢は詰まっていない。
先生の説明ではなかったけど、急激に痩せたことともあわせると、ワクチンでの影響以外に腫瘍が身体のどこかにある可能性もあるのではないだろうか?そうでなければいいのだけれど。吐いた後は、今にも死にそうな風で驚かせられるけど、また翌日には元気になり、毎回、一喜一憂させられる。他のことが手につかなくなる。
時々、吐いてなにも食べないで肝臓を休めている日があること、匂いをかいで自分で食べるものを選んでいることから、動物としての本能による回復力にプラスしてお薬の力で、なんとか回復しますように・・・来週の検査の値もよくなってきていますように・・・


買い物から帰って玄関のドアを開けても、リビングのドアを開けて近づいても、カメラのカシャって音にも全く気がつかず、熟睡中。健康的です。このあと、買ってきたものを台所で冷蔵庫に入れていると気がついてやってきました(^^) レバーをあげました。
こんな話、読んでくれている人はいるのでしょうか?どうでもいいですよね(笑)
関連記事

Last Modified : 2020-07-29

Comment







管理者にだけ表示を許可